フラッシュバット溶接機

フラッシュバット溶接とは、アプセットバット溶接では溶接の不安定な
幅広や断面積の大きい溶接物の溶接に使用します。
徐々に溶接物を近づけスパークを発生させ、端面全体が均一に加熱された後
アプセット工程を行う溶接方式です。この予熱工程をフラッシュと呼びます。

※ お客様専用のカスタマイズ品も製作致します。⇒ 機種選定・カスタマイズ

F-30

クリックで拡大します

小型フラッシュパット溶接機です。
当社独自の変減速モータの採用により、
フラッシュスピードを2段階に変えられます。
電流カット位置、加圧調整は連続可変できます。
切断機及び仕上げ用グラインダーを標準装備しております。

溶接能力
30mm²
電極幅
35mm
外形寸法 / 重量(標準機)
380W x 460H x 435D / 73kg

F-50

クリックで拡大します

中型のフラッシュバット溶接機で、
最大幅50mmまでの溶接ができます。
フラッシュスピードの可変はもとより、
電極間隔、電流カット調整等を全て装備しております。
設定は全て2段階切り替えとなっております。

溶接能力
80mm²
電極幅
50mm
外形寸法 / 重量(標準機)
550W x 600H x 500D / 120kg

FA-50

クリックで拡大します

F-30,F-50のシンプルな操作性をそのままに、
材料クランプ機構にエアーシリンダー方式を採用しました。
クランプ力がアップすることにより、安定した、
より高品質な溶接を実現することが可能となりました。

溶接能力
80mm²
電極幅
80mm
外形寸法 / 重量(標準機)
710W x 1170H x 692D / 200kg

FA-100A

クリックで拡大します

クランプ機構にエアーシリンダーを採用し、
幅広の平鋼等にも均一なクランプ状態を可能に致しました。
フラッシュスピード、電極間隔、電流カット調整、
最終電極間隔等を全て装備しております。
また、電力制御はサイリスタを採用し、
二次電圧も連続可変となり完全な溶接が行えます。

溶接能力
180mm²
電極幅
100mm
外形寸法 / 重量(標準機)
1510W x 1495H x 965D / 800kg

FA-100DG

クリックで拡大します

溶接に関する条件を全てデジタル設定することにより、
溶接電圧はもとより電極間隔、電流カット位置、フラッシュスピード、
アプセット加圧等の設定を容易にし、作業の省力化、品質管理、
データ管理に大きく貢献致します。
プリセットには11種類の溶接条件を記憶することができます。
溶接履歴管理機能を装備しており、毎回の溶接結果(溶け代)と
設定値(電圧・速度 等)を日時とともに記録し、過去にさかのぼって
ディスプレイ上で確認することができます。(最大1000万件)

溶接能力
180mm²
電極幅
100mm
外形寸法 / 重量(標準機)
1320W x 1230H x 965D / 800kg